イサーンの旅グランプリ賞品受賞者が決定!

イサーンの旅グランプリ賞品受賞
「The南イサーンへようこそ!」

旅を作った人 おか さん

タイ国政府観光庁の審査により、グランプリ賞品受賞者が決定しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
  • 旅のタイトル
    イサーンの町と自然 両方楽しむのんびり旅
    旅のポイント
    以前行ったウボン旅行をアレンジし直してみました。イサーンの旅は、短期間でも人の生活と自然が両方とも体感できるのが魅力だと思います。国境を超えて数時間ラオスですごすというのもなかなか楽しい時間でした。
    旅を作った人
    みつる さん

    くわしく見る

    タイ国政府観光庁からのコメント
    イーサンの郷土料理、自然、町中の観光地がうまく組み合わさっていました。ロウソク祭りでの船の見学や、夕日を見ながらの夕食など、オリジナリティのある旅だと感じます。
  • 旅のタイトル
    タイの端っこは隣国の入り口だった
    旅のポイント
    この旅のキーワードは「Two borders, Two colors」です。大陸国ならではの旅の魅力は、陸地続きの国境。一歩先はよその国という、島国では味わえないドキドキ感はちょっとした憧れです。そこで、タイの端っこまで行って南イサーンに接する二つの国との国境を訪れる二泊三日プランを考えました。山と森に囲まれ今なお緊張感を残すカンボジア国境付近と、大河に隔てられながらも行きかう外国人旅行者も多いラオス国境の違いも興味深いところです。...
    旅を作った人
    ピンクイルカ さん

    くわしく見る

    タイ国政府観光庁からのコメント
    タイ、ラオス、カンボジアの国境を交えた旅。鉄道を使えば大陸国を満喫できます。カンボジアの世界遺産「カオ・プラヴィハーン」を国境手前で見渡せるのも魅力的です。
  • 旅のタイトル
    仕事のストレスも忘れ南国タイではやっぱり飲まなきゃね!
    旅のポイント
    その国を知るにはやはり地元の地産地消。屋台でソムタムやガイヤーンを肴にタイのビールを喉に流し込めば気分はもう現地人。屋台で隣のテーブルに座っている見知らぬタイ人と一緒にお酒を酌み交わすなんて言うのもそれはそれでタイの楽しみ方の一つでは?
    旅を作った人
    まぁくん さん

    くわしく見る

    タイ国政府観光庁からのコメント
    クメール文化を象徴する歴史、文化、イベントをめぐる旅を作っていただきました。その時々のシチュエーションで、お食事とお酒を堪能するのは、旅の醍醐味です。
  • グランプリ

    旅のタイトル
    The南イサーンへようこそ!
    旅のポイント
    南イサーンの王道のピーマイ歴史公園やパノムワン遺跡から岩壁のパー・モーイデーンまでを見れるのがポイント。また、タイっぽさを感じられるナイト・マーケットとラオスとの国境のチョンメックではお買い物。そして、日本ではなかなか経験できないエレファント・ビレッジやイサーンだからこその豊かな自然の国立公園を巡る。時間のある大学生にも日々の疲れを癒したい社会人にも満喫してもらえるプランです。...
    旅を作った人
    おか さん

    くわしく見る

    タイ国政府観光庁からのコメント
    豊かな自然を、たっぷり時間をかけて満喫する旅です。南イサーンで外せない見どころを一通り楽しめる点も魅力的だと感じました。国境近くの市場も楽しいものです。
<タイ国政府観光庁からのコメント>
南イサーンは、タイシルクをはじめ、象祭りやピマーイ・フェスティバルなど
クメール文化や特長あるイベントが、色濃く残るエリアです。

今回ご応募いただいた旅は、それぞれのテーマのもとに
南イサーンらしさをしっかりと盛り込んでいただきました。

優雅に流れる国境の大河・メコン川をからめ、
歴史深い国立公園で自然とふれあい、ゆったりとした時間をすごす癒しの旅。
まさしく南イサーンにふさわしいスタイルだと感じました。